お洒落な言葉のリカーデンで、気になる庭のイメージアップ!

最近の家作りは、最終仕上げの庭をコンクリートで終了されている方が多いですね。 最低、駐車場を2台分使うのが目的と感じます。 見た目には綺麗ですが、遊び心はあまり無いのが残念ですね! そんな時、リカーデンと言う言葉を目にしましたよ。 庭先リフォームの洒落な言い方で、今っぽい響きが遊び心を引き寄せそうです。 建ぺい率の影響で、庭への配慮が出来ないケースは確かに多いです。 それでも、お子さんの集まりやママ友関係での食事会には庭で遊ぶのは魅力的過ぎます。 もし、友人宅がウッドデッキやレンガ仕様のガーデニングなら憧れてしまいますよね? 自身でDIYしても良いのですが、先に述べたコンクリート仕様なら無理に近いかも知れません。 それでも、空きスペースがある方ならリカーデンを実行したいですよね。 根気のいるDIYが得意なら挑戦する価値はあります。 でも、見た目のクオリティと実用性を重視するならプロがいいはずです。 ここで気になるリカーデン。 やはり、センスある言葉にはセンスある仕上がりを期待したいですよ!






家庭菜園をはじめました

今年、家庭菜園をはじめました。昨年まではプランターに苗を植え、いろいろな野菜に挑戦しましたが、 今年は庭に2×1.5m四方の畑を作成しました。 深さ30cmほど掘り、周りをレンガで囲みグランドカバーが入ってこないよう土ストッパーも施し、 土を買ってきてナス、きゅうり、トマトを所狭しと植えました。30cmと深さ的には浅いですが大変な 重労働でした。また、もぐらと思われる通り道も見つかり、大丈夫か心配でした。 最初にきゅうりが寒さと思われるのですが、すぐに駄目になり、今は、青枯病と思われる症状で、ナスが 危機的状況となってしまいました。しかし、茄子は、プランターで育てた時よりあきらかに茎も実も大きくなり、 4本ほど大きなものが収穫できたので、満足できました。 トマトは、まだ、実が赤くなってきていないのですが、大きく育っておりこれからが楽しみです。 今後、菜園を続けていく上で、病気のこと、肥料のこと、水遣りや防虫など、もっといろいろ勉強して 来年は、より良い菜園にできると良いと思っています。






きれいな庭作りをするために

庭作りにはそれなりにお手入れがいります。きれいに見える庭作りの方法を考えます。 まず庭作りをするためには、芝生にするか砂利にするか決めるといいです。芝生があるといかにも庭作りに徹底しているようにも見えるし、芝生ならあまりお手入れも難しくなく芝生はあまり伸びないからとても簡単です。しかし砂利にしてもいいことがあります。わざと砂利を入れることによって他のガーデニングとの組み合わせもよくなるし、砂利は防犯対策にもなるのでおすすめです。どちらも庭作りにはとてもいいです。 芝生や砂利を埋めた場合、花はなるべく小さい鉢の入れ物にある花の方がきれいに見えます。芝生や砂利を引き立て、花を個性的に飾るには鼻を少し取り入れるときれいに見えます。花は同じ色のものばかりではなくて、3色くらい決めて黄色や赤などの鮮やかな色にすると花もきれいに見えます。たくさん飾るのもいいけれど、わざと少量にすることによって見せる庭作りというのも一つの手段です。https://sudou-kouei.co.jp/