ダイナボルで得られる筋肉増強はどれくらいか

ダイナボルを使用することによる筋肉増強の効果は個人によって大きく異なりますが、毎日30〜35mgで摂取することで4週間のサイクルでは、3キロから6キロの範囲で筋肉をつけることができるとされています。これよりも大きな筋肉増加は珍しいことではありませんが、筋肉以外に過剰な脂肪と水分の増加が起こる可能性もあります。Dianabolは、サイクルを積み重ねることで、体内の保水性上がることでよく知られています。つまり、ダイナボルでサイクルを行うことで、余分に水分を体内に隆右和得てしまい、体に「ふかふか」や滑らかな外観を与えてしまうことになります。ただし、サイクル終了後には、急速に水分は体内からなくなるので、それほど心配することではありません。また、水分を蓄えることでメリットもあります。水分を体内に蓄えることで、ステロイドサイクル中に使用される高重量の負荷のかかった筋肉トレーニングで関節を痛めてしまうことを防ぐことができます。ただし、ダイナボルで蓄えてしまう水分によって起こる副作用があります。それは脛、ふくらはぎ、背中に水分がたまることです。これはあまりにも厄介なものではないかもしれませんが、一部の方ににとっては迷惑なことであり、このことで、にt上生活に悪影響を与えることがあります。また、サイクルを長期的に行うことで血圧の上昇なども起こりますので注意してください。






アナボリックステロイドの副作用は

アナボリックステロイドを使用すると、筋肉増強が通常の筋トレの20倍強もの効果があると言われています。
しかし、効果は絶大ですが適正な管理を行わなければ、アナボリックステロイドは副作用が発生してしまいます。最も副作用が引き起こされるのは、肝臓の負担による障害です。
経口のアナボリックステロイドは、肝臓にすぐに消化されないようにするために化学加工を施されています。加工されることで、肝臓に消化されなくなり、アナボリックステロイドの効果を体内で長く持続できるようになっているのです。
しかし、肝臓に消化されないということは、その分だけ肝臓に負担をかけていることになります。
肝臓を負担をかけてしまうと、初期の症状は顔や胸などにニキビが発生します。ひどくなると目の周りや肌の色が黄色になる黄疸が発症してしまうのです。さらに肝臓は、女性ホルモンを代謝する働きがあるのですが、肝臓に負担をかけてしまうことで、ホルモン代謝ができなくなるようになります。これが原因で女性化乳房の副作用を誘発させてしまう可能性があるのです。

「肝臓は無言の臓器」と言われています。アナボリックステロイドを服用し続けても、肝臓に負担がかかっていることに気づくことができません。ですので、負担をかけてしまう前に肝臓の負担を和らげる、改善させるケア剤は必ず服用するようにしましょう。
アナボリックステロイドは、副作用は大きいですが、正しく使用・ケア剤さえ使用すれば、体調を崩さずに筋肉増強を最大限に発揮できるでしょう。
アナボリックステロイド