ビットコインの評価高まるなか、ビットクラブの評判は?

ビットコインは、現在もっとも時価総額の比率の大きい仮想通貨です(2017年6月で40%)。2017年3月上旬においては9割を占めていました。仮想通貨とは、インターネット上で流通する通貨のことです。日本円や米ドル、ユーロ、人民元といった現実通貨と異なり、国家が管理する貨幣ではありません。インターネットは、世界的なコンピュータ・ネットワークですから、仮想通貨は、無国籍のデジタル・マネーです。実は2016年までは中国がビットコイン取引の中心だったのです。

中国では個人の外貨両替枠の上限(年間5万ドル)がありますが、仮想通貨は対象外です。そこで、人民元に先安観を抱く中国人が資産防衛から大量にビットコインを購入していたのです。つまり、中国人によるキャピタルフライト(資本逃避)のためにビットコインが買われていたのです。そこで、資本流出を警戒する中国政府が、今年(2017年)に入って、規制に乗り出し、自国内の仮想通貨取引所で購入したビットコインの引き出しを停止しました。こうして、中国人のビットコイン取引は急激に減ってゆきました。

ところが、現在、仮想通貨取引に、日本の個人マネーの急激に流入しています。仮想通貨投資は富裕層が中心だったが、ここにきて個人投資家が急速に拡大しています。外国為替証拠金取引(いわゆるFX)の経験者を中心に個人が続々と参入してきています。大阪の仮想通貨取引所では、2017年5月の大型連休後、1日あたり口座開設数が連休前の4倍になったという。リップルやNEMなど日本人の取引が多い仮想通貨が上昇しているのは、ジャパン・マネーの急激な流入を裏づける証拠です。また、仮想通貨は発行数の上限が決まっており、技術的制約から新たな供給(マイニング=採掘という)が難しい。この供給上の制約が、仮想通貨の価格上昇の一因ともなっている。さらに、仮想通貨の時価総額は約12兆円とされる。このように株やFXよりも小さい市場にマネーが集中したのも上昇の理由でしょう。

【ビットコイン長者が日本で誕生している】

こうした中、仮想通貨の投資で巨額の利益を上げたにわか長者が日本で続出しています。約3年前から仮想通貨に800万円を投資してきた30代の男性は、保有時価が3億円を超えたという。
それでは、仮想通貨の適正価格はいくらなのでしょうか。株価は企業の収益力が裏づけで、自己資本に対する当期純利益の割合(ROE)など株価の適正水準を判断する尺度が多数存在します。

しかし、ビットコインアナリストによれば、「仮想通貨は投資尺度がほぼ存在しない」という。期待と失望の間で揺れ動く投資家心理にもとづく需給(買い越しか、売り越しか)で価格が決まっているのです。つまり、ビットコインの価格は、投機筋の需給のみに頼って価格形成をしているのです。投機家の期待だけで買いが買いを呼びバブルを形成し崩壊した「オランダのチューリップバブル(17世紀)と同じ」とすら言い放つ専門家もいます。確固としたモノサシがないので仮想通貨の値動きも激しくなりがちです。投機筋の心理に支配された仮想通貨の乱高下は、貨幣としての不完全さも示しています。

しかし、仮想通貨がリアルマネー(現実通貨)として登場しようとしているのです。2017年4月1日、日本で改正資金決済法が施行されました。これにより、日本で仮想通貨が決済手段として使用できるようになります。仮想通貨が、法的には飲食店やコンビニなどで使えるようになりました。さらに、仮想通貨で電気代の支払いも可能になりました。このように、仮想通貨は投機から実体経済へとみずからの支配領域を広げようとしています。

このような流れをうけて、ビットコインを取り扱うビットクラブへの日本人加入者が増えてきているようです。ビットコインに興味があるなら一度ビットクラブについて調べてみてもよいかもしれません。

ビットクラブ 評判

【ビットコインを通貨として利用する方法】

ビットコインは円やドルと同じ通貨として扱えます。
ビットコインと似た性質を持つQUICPayやEdy、iDなどといった電子マネーは取扱店舗をよく見かけますが、ビットコイン決済については、日本国内においてはあまりその機会を見かけることはありませんでした。

そんな中、ビックカメラがビットコイン決済を導入しました。

ビックカメラといえば、全国に展開している家電量販店です。家電はもちろん、日用雑貨やゲームなどの娯楽品も多く取り扱っているので、どんな方でも利用する機会は多いですよね。

これに続いて、どんどんビットコイン決済を取り扱う店舗が増えてゆけば、それこそ電子マネーのように私たちの生活にどんどん溶け込んでいくことでしょう。

【ビットコインを購入するには】

ビットコインを購入するもっともポピュラーな方法は取引所で購入することです。
仮想通貨の取引所は国内外を問わず多く存在しています。

国内の取引所のうちもっとも有名なのはビットフライヤーです。
ビットフライヤーではビットコインのほか、イーサリアムやライトコイン、モナコイン、リスクなどの通貨も取り扱っています。

みずほフィナンシャルグループや三井住友銀行など大手企業が出資している資本力の高さもビットフライヤーの特徴で、どの仮想通貨取引所がいいかわからない、とりあえずビットコインを購入してみたいという方にもおすすめの仮想通貨取引所です。

【仮想通貨取引所の選び方】

より満足できる取引所選びのためには、以下のポイントを抑えて比較検討することが大切です。

ポイント1 「手数料」

仮想通貨の送金、取引などにかかってくる手数料は取引所によって異なります。
手数料というとそれほど大したことはないと考えがちですが、一回の取引金額が高額になることも多い仮想通貨取引においては、この手数料も決して馬鹿にはなりません。

ポイント2 「取り扱い仮想通貨」

ビットコイン以外の仮想通貨、いわゆるアルトコインは取り扱いにかなり差があります。
アルトコインも積極的に取引していきたいなら、取り扱い仮想通貨もしっかりチェックしましょう。

ポイント3 「信頼度」

多額の仮想通貨が取引される取引所は常にハッキングのリスクがあります。
しっかりとしたセキュリティ対策がなされているかは必ず確認しておきたいところです。






Hinterlasse eine Antwort

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht. Erforderliche Felder sind markiert *

Du kannst folgende HTML-Tags benutzen: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>