枡で量って箕でこぼす

12. December 2017

風風ラーメン新保店。

Filed under: Allgemein —— masude @ 5:22

岡山の大元の方に夜も23時まで空いてる風風ラーメンは個人的にオススメです。

漫画が多くて特に少年ジャンプ系の漫画が多いので男性には特に人気です。

また月ごとにサービスを提供していて今は味噌ラーメンフェアです。

これは 味噌ラーメン系のメニューをオーダーした人にはトッピングか大盛り無料サービスが受けられます。

今回一緒に行った人が味噌ラーメンの大盛りを頼みました。

極太麺と麺の歯応え、まろやかで 薄いけど飲みやすい後から また飲みたくなるスープも美味しかったです。

味噌ラーメンらしくチャーシューはないけどコーンがスープとマッチしてます。

雑誌に出てた台湾ラーメン700円は 確かに辛いのに 辛さの中に旨さが詰まってるんで 結構な辛さのスープを半分は飲みました。
麺は細くて具のミンチとかが 良いハーモニーを醸し出してました。

でも時に痛恨の辛さ激が胃と舌を直撃します。
いつもじゃなくて時に直撃するので 時に顔が 辛そうになってたかもしれません。

高菜と紅生姜は無料なので その日も程よく食べました。






12. November 2017

レフトビハインドを観た事

Filed under: Allgemein —— masude @ 5:22

ニコラスケイジ主演の映画レフトビハインドをついこの間観ました。
今回ニコラスケイジはパイロット役と言う事で飛行機に関する映画だった為ちょっと気になり観てみる事にしました。
そしてこちらの内容の方ですが、ニコラスケイジは既に妻と子供二人がいる家族持ちと言う事でこの時は丁度父が50歳の誕生日を迎える事になりそれで大学で家を出ている娘が帰ってくる事になりました。
ですが忙しい父はなんと仕事が入ってしまいロンドンへ行く事になってしまったのです。
娘の思い届かずそして飛び立つ事になってしまったのですがその後あるトラブルが起きてしまうのです。
またそれと言うのは人が半分近く消えてしまう事に、特に子供に関しては全て消えてしまいます。
これは宗教の本に書かれていた事が現実のものになってしまったと言う事で神を信じるものは皆天国へ行く事になってしまったみたいです。
大人は信じるものが子供は純粋で綺麗な心持っているからこそかもしれません。
なので残されたものだけが大変な思いをすると言う事で内容的にはそのような感じです。
この映画を観て感じた事は人ってパニック状態になるとそれぞれ本性が見えてくるものだなと凄く思いましたね、またこれがこの映画の見どころでもあると思います。






12. October 2017

そろそろタイヤ交換

Filed under: Allgemein —— masude @ 5:22

そろそろ自動車のタイヤ交換をしなくてはいけません。タイヤの減り具合を示してくれるサインがもう出てしまっているのです。仕事柄、自動車は酷使しますので、安全のためにも早めにタイヤを交換しなくてはいけません。タイヤのゴムの部分だけを購入して、ホイールにはめるのは自分でするつもりなので、幾分は安く済むはずと思っています。タイヤの配達というものは宅配業者がしてくれるものなのでしょうか。その点を調べなくてはいけません。
ノーマルタイヤなので価格は手頃です。もうそろそろスタッドレスタイヤを装着させないといけないので、タイミング的にはちょうどよかったです。もしうまくはめることができなくても時間をたっぷりととれるからです。これがもし忙しい時期だったら、自分でやることなど到底できません。
ホイールから外して再度装着というのは始めてのことなので、不安なところもあるのですが、何事も経験と思って挑戦してみたいのです。もちろん安全に関わる所なので慎重にします。






12. September 2017

友達とミスドへ

Filed under: Allgemein —— masude @ 5:22

友達とミスドでドーナツを食べてきました。
いつも持ち帰りなので、久しぶりに店内で食べました。
店内で食べるのもいいものですね。

わたしは昔からエンゼルフレンチが好きです。
ホイップクリームがはさまれたドーナツでとってもおいしいです!
今日も迷わずエンゼルフレンチを選びました。

ミスドはいろんなドーナツがたくさん並んでて華やかですよね。
どのドーナツも見た目が可愛いくて見ているだけでもすごく楽しいです。

友達がコーヒーを頼んだんですが、コーヒーはおかわり自由なんですね〜!
あら、すごくお得!
わたしはコーヒーが飲めないので注文したことはなかったんですが、こんなサービスがあるんですね。
コーヒーが好きな人にとってすごく嬉しいサービスですね。

友達とたくさん話してバイバイしました。
やっぱり友達と話すのはとっても楽しいです。
明日からまた頑張ろうって元気になれます。

社会人になってからなかなか会えないけど、またいつか会いたいです。
友達に元気をもらったし、また頑張ろうと思います。

12. August 2017

ファンタスティックビースト鑑賞の感想の記事

Filed under: Allgemein —— masude @ 5:22

ハリーポッターとは違った形で楽しめる映画だと思う。
今回の映画ではハリーポッターを見ていればさらにに面白いと思う。なぜなら呪文はほとんど唱えずに言うことがあったので適度な勉強が必要だと感じた。
ネタばれですが姿現しなどはかなり多用されています。まさに瞬間移動のように使われている感じがしました。
ストゥーピファイなどはかなり多様化されています。あと魔法動物が可愛いのととても迫力がある動物もいたことから老若男女に適していると考えられます。
今回のメインはあくまで魔法動物なのであまり呪文は期待しないほうがいいです。ただ魔法動物が何よりすごいので見る価値はあると思います。
今回の主演はあのレ・ミゼラブルでマリユス・ボンメルシーを演じたエディ・レッドメインが務めるとあってかなり期待できると思います。
ヒロインにはフィクサーで活躍したキャサリン・ウォーターストンが役をするということで期待がかかっています。
最後にかなり面白いし、ハリーポッターが好きな人は間違いなくはまると思う。ただそうじゃない人でも楽しめると思うのでぜひ見てください。

12. July 2017

「海賊と呼ばれた男」を観に行ってきました

Filed under: Allgemein —— masude @ 5:22

「海賊と呼ばれた男」という映画が公開されました。
小説も大ヒットをしたということもあったので、気になっていたのです。

実はあまり期待をしていなかったのですが、見終わったら意外と感動できましたし、面白かったと思います。
主演の岡田くんが20代から90代まで演じたというのも凄いことですし、最初の60代のシーンも物凄い貫禄が出ていてビックリしました。

モデルになったのは、出光の創始者である、出光佐三氏だそうです。
出光がどうやって大企業になったのか、ということだけではなく、佐三氏の決断力や家族との関係性も描かれていて、本当によい作品でした。

岡田くんと言えば、たくさんの映画に出演していますが、中でも「SP」が好きでした。「海賊と呼ばれた男」にも「SP」で共演された方がたくさん出演されていたので、ちょっと不思議な感じがしました。
でも息があっている俳優さんと言う感じがしたので、それはそれで楽しむことができました。

12. June 2017

意識下鎮静法

Filed under: Allgemein —— masude @ 5:22

人間ドックでした。

さて、私の場合、人間ドックは毎回のように医療機関を変えているのですが、今回の施設の特徴は胃カメラですかね?
ここでは「意識下鎮静法」がデフォルトでした。

これは軽い全身麻酔をかける事で、口からカメラを突っ込む嘔吐感を感じさせないという方法で、ハードル高い胃カメラを比較的気楽に受ける事ができます。
わたし、コレは初めてなので楽しみにしていました。
これまで、吐き気との戦いでしたからねぇ…

麻酔ですが、私は過去、膝の手術時に全身麻酔を2度経験しているのですが、今回は軽めなので微妙に意識が残っていて、なかなか新鮮でした。
記憶があるような、ないような…って感じです。

ただ、診察後も麻酔が残るので、リグライニングチェアーでしばらく休む必要があります。
ゆえに診察の回転が遅くて、結構、待ち時間が長くなる傾向がありますね。
なるほど、多くの病院で「意識下鎮静法」を大っぴらにやらない理由が分かりました。

なお、ドックの結果は問題ナシって事で、まぁ、後で詳細な結果も分かりますが、とりあえずは良かったです。

12. May 2017

ヒット商品の誕生に思うこと

Filed under: Allgemein —— masude @ 5:22

本当に世の中、何がヒットするかはわからないものです。
普通のクリームパンに、単位という焼き印が押してあるだけという、そんなパンがヒットしたのです。
試験期間中の学生というものすごくニッチな商品です。そんな隙間を突いてくるマーケティングは感動ものです。
しかし、実際は思いついた人も、まさかここまで売れるとは思ってなかっただろうと思います。
今となっては全国民が所有しているといっても過言ではないスマートフォンも最初の頃は、ヒットするかどうか半信半疑だったのです。それがいつの間にか、あれよあれよというまに世界中に広まっていきました。過去に存在していなかったものを新しく誕生させると考えてみると、あらかじめ確信するということがいかに難しいのかということがわかります。
マーケティング調査からではなかなかヒット商品に至らないということもわかってきます。
ほとんどの人が、やめておいた方がいいよと言われてしまう類いのものがヒット商品だからです。

12. April 2017

私の好きな言葉

Filed under: Allgemein —— masude @ 5:22

私の好きな言葉を二つ紹介します。

まず、一つ目は、「偶然は、準備のできていない人を助けない」です。

私は、人生はどこか逆らえない流れの中にあると考えています。それは、一種の諦めです。諦めというと、一般的には、あまりよいイメージがありませんが、例えば、仏教の中では、諦めは、こだわりを捨てることであり、必ずしも悪いこととされません。
そんな中において、チャンス(偶然)は時々訪れます。しかし、日ごろの精進(準備)ができていないと、偶然は、素知らぬ顔をして去っていきます。
しかし、日ごろから準備をしていると、チャンスがいい方向に作用する可能性が高まり、その積み重ねで人生もいい方向にシフトしていくのではと考えています。
そう考えると、人生に嫌気がさして、腐ってしまいそうなときでも、「今」できることをやろうと思えるので、私はこの言葉が大好きです。

二つ目は、「足ることを知る」です。これも、仏教的な考え方で、孔子の言う「中庸」と同じような意味かもしれません。
私は、元々欲張りな性格で、つい楽しいことや気持ちがいいことがあると、「もっと、もっと」という衝動に駆られ、あまり良い結果にならないことが、しばしばあります。
そんなときに、「足ることを知る」と自分に言い聞かせると、「もっと、もっと」の衝動が鎮まってくるので、この言葉を大切にしています。

以上、私の好きな言葉を二つ紹介させていただきました。

12. March 2017

「秘すれば花」について

Filed under: Allgemein —— masude @ 5:22

私の好きな「秘すれば花」という言葉について書きたいと思います。

そもそも、この言葉でいう「花」とは、本来、女性を指すらしいのですが、そのことについては、私は自分に都合よく、拡大解釈をしています。
この言葉の意味するところは、自分のことを声高に自慢するよりも、黙っていると値打ちがあるというものです。いかにも、日本人的な発想です。
しかし、私は、逆のアウトプットすることの大切さも感じています。アウトプットの効用は、まずカタルシス的な効果が期待できることです。吐き出して、スッキリすることです。また、アウトプットすることで、自分の考えや新しく知ったことが明確に整理できることです。

それでは、なぜ「秘すれば花」を推しているかというと、自分が言いたいことを声高に言えなかったとき、この言葉を思い出すと、不思議にイライラがスーッと引いていくのです。

結局のところ、「秘すれば花」と「アウトプット」、大切なのはバランスだと考えています。

©2018 枡で量って箕でこぼす
Hosted by Onlinetagebuch.de - Dein eigenes kostenloses Onlinetagebuch