仮想通貨は「人気商売」? 「根拠」を一切持たない最新のお金

人類の進歩はすなわちお金の進歩と言っていいほど、人間社会はモノの交換手段としての通貨を発達させてきました。その最高峰がICチップなどを内蔵した紙幣ということになるのでしょうが、仮想通貨は発行にあたって一切「実体」や「裏付け」を必要としていません。現在の硬貨や紙幣にしても、社会で定められているだけの価値を本当は既に持っていません。一万円札を一万枚剃るのに一億円も新たに必要になってくるはずはないのですが、仮想通貨には原則として、国家の造幣局が発行したりというような、「裏付け」がないのも特徴の一つです。だから、システムさえ熟知していれば誰でも開始することが可能ですし、特殊な鋳造や印刷の技術も必要ではありません。

この自由度の高さが多くの人を惹きつけ価値を高めている理由とも言えますが、一方、非常に多くの仮想通貨が市場に出回ることにもつながってきます。サービスや使い勝手、偽造のされにくさ等々が他より優れていないと判断されれば、たちまちその仮想通貨は廃れ、ユーザーは別の通貨に乗り換えていくことにもなるでしょう。

電子的という以上に、まるでサービス業のような「人気商売」の側面を強く持っているのも、仮想通貨の特徴だと言えます。






Hinterlasse eine Antwort

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht. Erforderliche Felder sind markiert *

Du kannst folgende HTML-Tags benutzen: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>